駒澤大学

  • サイト内検索
  • 寄付
  • 入学資料請求
生涯学習Lifelong learning

せたがやeカレッジ

せたがやeカレッジとは、世田谷区教育委員会および世田谷区内の国士舘大学、昭和女子大学、東京都市大学、東京農業大学、成城大学、駒澤大学が共同で運営している生涯学習サイトです。

  • 参加大学主催によるe-Learning方式の講座を開催します
  • 開催内容は、各大学の特徴を活かして、区民や各地の社会人にとって魅力的なテーマ・内容となっています
  • 自宅などから、インターネットを通して、PC・スマートフォンを利用し、いつでも、誰でも、学習することができます
  • 受講は無料です

せたがやeカレッジ

本学配信コンテンツはこちらから受講することができます。
# 各コンテンツは駒澤大学の著作物として登録されており、複製・持ち出し等はできません。

駒澤大学配信コンテンツ一覧講師
「はじめよう、ウォーキングで健康促進!!」 内山 雅博(総合教育研究部 スポーツ・健康科学部門 非常勤講師)
「患者さんにわかりやすい ~「放射線科」でおこなう検査や治療のA・B・C」 奥山 康男(医療健康科学部 教授)
「【かんたん解説】・・・骨粗鬆(こつそしょう)症」 奥山 康男(医療健康科学部 教授)
「カウンセリングを受けるということ」 八巻 秀(文学部 心理学科 教授)
「「魅惑の仏教美術の世界」 ~知れば知るほど仏像が見たくなる講座~」 村松 哲文(仏教学部 教授)
「知っておきたい相続のこと」 柴谷 晃(法科大学院 特任教授)
「北アメリカのZEN-『禅と林檎-スティーブ・ジョブズという生き方-』刊行に因んで-」 石井 清純(仏教学部 教授)
「基礎から学ぶ不動産賃貸借」 島田 一彦(法科大学院 客員教授)
「-地域社会連携講座-「世田谷地域の活性化について考える」」 長山 宗広(経済学部 教授)
「中国三千年の土器を探る-煮炊きのうつわ「鬲(れき)」-」 飯島 武次(本学名誉教授)
「インターネット時代のリスク回避術」 江森 史麻子(法科大学院 教授)
「裁き裁かれる・意外と身近な刑事訴訟法」 松本 英俊(法科大学院 教授)
「犯罪と刑罰~世界一安全な国・日本」 辻本 衣佐(法科大学院 非常勤講師)
「地獄と極楽―盂蘭盆会に因んで―」 村松 哲文(仏教学部 教授)
「恐怖と安全~国家安全保障関連法と積極的平和主義~」 日笠 完治(法科大学院 教授)
「交通事故と損害賠償」 青野 博之(法科大学院 教授)
「薬物依存問題にガッテン!」

宮田 桂子(法科大学院 特任教授)

「法的視点から離婚を考える」

土居 俊平(法科大学院 准教授)

「老後の生活を安全で美しく送るために(任意後見契約、遺言、リビング・ウィルについて)」

伊豆 亮衞 (元検事正、元公証人)

「井伊直虎・直政と戦国社会」

久保田 昌希(文学部 歴史学科 教授)

「禅 仏教の人生観にならう」

池田 魯參(学校法人駒澤大学総長・駒澤大学名誉教授)

「スポーツ事故、不祥事と法律」

大塚 翔吾(法科大学院 非常勤講師)

「争族(相続)トラブルの実際と相続法改正のポイント」

佐藤 美由紀(法科大学院アドバイザー弁護士)

争族(相続)トラブルの実際と相続法改正のポイント

相続法が約40年ぶりに改正されました。 「争族」と揶揄されるほど、トラブルの多い相続。家族亡き後の相続対策の一環として。自分が亡き後の財産で家族ができるだけ揉めないようにするための終活の一環として。相続法の基本や改正のポイントを踏まえたうえで、具体的な事例をもとに、相続について一度考えてみませんか。

講師名 佐藤 美由紀(法科大学院アドバイザー弁護士)
開講日 平成30年12月
せたがやeカレッジ受講URL こちらから

スポーツ事故、不祥事と法律

スポーツ中の事故では、選手や指導者等が民事責任や刑事責任を問われる可能性がありますが、いかなる場合に責任を負うのでしょうか。 2020年の東京オリンピック・パラリンピックまであと2年と迫っている今、スポーツをめぐる様々な問題点について法的視点から考えてみましょう。

講師名 大塚 翔吾(法科大学院 非常勤講師)
開講日 平成30年7月
せたがやeカレッジ受講URL こちらから

禅 仏教の人生観にならう

東日本大震災に遭って、人並みに私も己れの人生を痛切に顧みるようになりました。「人間のいのちは死なない、他の世界に行くだけだ」(金子兜太語)、「人の生涯は死によっておわらない。生きた人の息づかいは、時を経てよみがえる」(加藤登紀子語)などの言論は私も同感です。「仏道をならうというは自己をならうなり」と示す道元禅師の禅仏教に照らし合せて、講演いたします。

講師名 池田 魯參(学校法人駒澤大学総長・駒澤大学名誉教授)
開講日 平成30年7月
せたがやeカレッジ受講URL こちらから

井伊直虎・直政と戦国社会

井伊直虎が後見を務めたとされる井伊直政は、後に徳川四天王の一人として活躍しました。『松平家忠日記』は、家康の一族・松平家忠の自筆日記で、その中には直政に関することも記されています。『松平家忠日記』に見られる直政の記述から戦国武将の日常や合戦の様子などを紹介します。

講師名 久保田 昌希(文学部 歴史学科 教授)
開講日 平成30年3月
せたがやeカレッジ受講URL こちらから

「老後の生活を安全で美しく送るために(任意後見契約、遺言、リビング・ウィルについて)」

人はいつ死ぬかわかりません。また、死んだ後には自分の考えを話すことができません。今の自分の考えを、残された家族に伝えるための文書が「遺言書」です。 「遺言書」は、残される家族の生活などを考え、遺産や家業の継承について、あらかじめ意思表示をするために作成します。遺言書の作成は、残される家族への愛情であり、逝く者の責任でもあります。 今回の講座では、老後の生活を安全で美しく送るためにはどうすればよいか、遺言書の作成方法などを中心に考えていきます。

講師名 伊豆 亮衞 (元検事正、元公証人)
開講日 平成29年12月
せたがやeカレッジ受講URL こちらから

「法的視点から離婚を考える」

皆さんは離婚についてどのようなイメージをお持ちでしょうか?結婚した男女の間では様々なことが有り得ますが、場合によれば離婚を選択する方々も存在します。今回の講座では、法的視点から離婚について考えてみたいと思います。特に、どのような場合に離婚が認められているのかについて考えていきます。

講師名 土居 俊平(法科大学院 准教授)
開講日 平成29年11月
せたがやeカレッジ受講URL こちらから

「薬物依存問題にガッテン!」

芸能人の覚せい剤使用、大麻所持による逮捕、危険ドラッグを摂取したドライバーの交通事故など、違法な薬物に関するニュースが頻繁に報道されます。 ところで、覚せい剤、大麻、危険ドラッグは、どういう作用があって、どう違うのか、どういう法律で処罰されているのかご存じですか。どんな処罰がされるかご存じですか。そして、どうすれば薬物依存から立ち直れるのでしょうか。薬物依存の問題について、皆さんも考えてみませんか。

講師名 宮田 桂子(法科大学院 特任教授)
開講日 平成29年8月
せたがやeカレッジ受講URL こちらから

「交通事故と損害賠償」

交通事故があると、民事上、刑事上、行政上、多くの問題が発生します。今回の講座では、民事上の問題を取り扱います。誰が誰に対して損害賠償を請求することができるか、それはなぜか、損害賠償額はどのように算定されるか、についてお話をします。

講師名 青野 博之(法科大学院 教授)
開講日 平成29年2月
せたがやeカレッジ受講URL こちらから

「恐怖と安全~国家安全保障関連法と積極的平和主義~」

人間は恐怖を感じると過剰な防衛反応をする傾向を持っています。個人レベルだけでなく、国家レベルにおいても同じです。そして、恐怖から逃れるためにとった防衛行動は過剰になり、多くの場合、悲惨な結末を迎えることになります。国家レベルになると、その悲惨さは想像を絶してしまいます。私たちは、平和な今、どの様な施策を打ち如何に安全を確保すべきか、一緒に考えてみませんか。

講師名 日笠 完治(法科大学院 教授)
開講日 平成29年1月
せたがやeカレッジ受講URL こちらから

「地獄と極楽―盂蘭盆会に因んで―」

盂蘭盆会(うらぼんえ)は彼岸会と並び、日本人に最も親しまれている仏教行事の1つ。しかし、漠然と「ご先祖様を供養する」と認識してはいても、その起源や意味合いはあまり知られていない。盂蘭盆会は、お釈迦様の十大弟子の一人である目連上人が、餓鬼道に堕ちた亡母を救う手段をお釈迦様に尋ねたところ、自恣の日(7月15日)に仏僧に供養することが亡母を救うことになると説かれたことが起源とされる。本講座では、仏教における生者と死者の世界を幅広く紹介。仏教美術史を専門とする駒澤大学の村松哲文教授が講師を務め、壁画や地獄絵など仏教美術の中に描かれた地獄と極楽について講義する。

講師名 村松 哲文(仏教学部 教授)
開講日 平成28年2月
せたがやeカレッジ受講URL こちらから

「犯罪と刑罰 ~世界一安全な国・日本~」

世界一安全な国といわれてきた日本ですが、近年かなり多くの方が治安への不感を抱えています。そこで、最近の犯罪動向とそれに対する刑罰あり方ついて犯罪学的な観点から分析してみたいと思ます。

講師名 辻本 衣佐(法科大学院 非常勤講師)
開講日 平成28年2月
せたがやeカレッジ受講URL こちらから

「裁き裁かれる・意外に身近な刑事訴訟法」

2009年に始まった裁判員制度により、皆さんが犯罪を裁く立場に立つ可能性があります。他方で、裁かれる可能性はどうでしょうか?決してないとは言えないかもしれません。この講座では、「裁き」「裁かれる」両方の視点から意外と身近な刑事訴訟法について考えます。

講師名 松本 英俊(法科大学院 教授)
開講日 平成26年11月
せたがやeカレッジ受講URL こちらから

「インターネット時代のリスク回避術」

インターネットが普及し個人が手軽に情報発信や情報収集ができるようになった反面で問題になっている、著作権や個人の名誉・プライバシーなどの侵害に関し、トラブルを起こしたりトラブルに巻き込まれたりしないためにはどうすれば良いか、また、不幸にも巻き込まれた場合にはどうすれば良いかを考えます。

講師名 江森 史麻子(法科大学院 教授)
開講日 平成26年2月
せたがやeカレッジ受講URL こちらから

「中国三千年の土器を探る-煮炊きのうつわ「鬲(れき)」-」

中国3000年の歴史の中で、初期王朝が誕生する中国三代(夏・殷・周)において、煮炊きのうつわ「鬲」(れき)は、生活の土器の中心であった。しかし、統一王朝が出現する秦・漢の時代には、使用の痕跡が乏しくなった。その「鬲」とは何かを解説する。

講師名 飯島 武次(本学名誉教授)
開講日 平成26年1月
せたがやeカレッジ受講URL こちらから

「-地域社会連携講座-「世田谷地域の活性化について考える」」

駒澤大学と昭和信用金庫は、産学連携協力に関する協定書を締結しており、本講座はこの協定にもとづき実施する事業で、社会人の方が学生と一緒に講座を受講し、「世田谷地域の活性化」について共に考えます。講師は、世田谷地域で事業を営む企業経営者や地域の諸団体・支援機関のリーダーなど多彩な方々です。
せたがやeカレッジでは初回(第1回)と最終回(第14回)のもようを収録し公開致します。

講師名 長山 宗広(経済学部 教授)
開講日 平成25年11月
せたがやeカレッジ受講URL こちらから

「基礎から学ぶ不動産賃貸借」

駒澤大学法科大学院では、年2回、無料法律相談を開催しています。その際、相談項目で多いものの一つに「不動産賃貸借」があげられます。広く一般の方々にわかりやすい、基礎的な事項から不動産賃貸借に関する講義を行います。賃貸借で失敗しないために、初歩から学んでみませんか?

講師名 島田 一彦(法科大学院 客員教授)
開講日 平成25年7月
せたがやeカレッジ受講URL こちらから

「北アメリカのZEN-『禅と林檎-スティーブ・ジョブズという生き方-』刊行に因んで-」

iPhone、iPadで世界的に有名なアップル社の創業者スティーブ・ジョブズ氏。彼が、熱心な禅の信奉者であり、禅を学び実践していたことは、少なからずジョブズ氏の生き方や言葉に影響したと考えられている。ジョブズ氏が多大な影響を受けた「禅」をアメリカに伝え、発展させてきた人々の紹介と歴史をたどりながら現在のアメリカにおける「ZEN」について講義する。

講師名 石井 清純(仏教学部 教授)
開講日 平成25年1月
せたがやeカレッジ受講URL こちらから

「知っておきたい相続のこと」

駒澤大学法科大学院では、年2回、無料法律相談を開催しています。その際、相談項目で多いものの一つに「相続」があげられます。広く一般の方々にわかりやすい、身近な「相続」に関する講義を行います。家族のため、自らの終活のために受講してみませんか。。

講師名 柴谷 晃(法科大学院 特任教授)
開講日 平成25年1月
せたがやeカレッジ受講URL こちらから

「「魅惑の仏教美術の世界」 ~知れば知るほど仏像が見たくなる講座~」

ふだん何気なく見ている仏像が一体どんな意味をもって造られているか考える講座です。お寺や博物館などで見られる仏像は、実は様々な思想や歴史的な背景をもって表現されています。例えば、微笑んでいる仏像と真面目な顔をしている仏像の違いは何か?仏像の歯が40本なのは本当なのか?内臓のある仏像がある!?など仏像の見所は満載です。仏像の表現に隠されたブッダコード-仏像の暗号-を読み解き、仏像を見れば見るほどに、興味が湧いてくる醍醐味を受講生の皆さんに味わって頂きたいと思います。

講師名 村松 哲文(仏教学部 教授)
開講日 平成24年3月
せたがやeカレッジ受講URL こちらから

「カウンセリングを受けるということ」

近年の社会情勢の中で、ストレスによって心身の問題や心の悩みなどを抱えた方が多く見られるようになっているというのはよく耳にします。こうした問題を抱えたときに"カウンセリング"を受けるということもまた耳にしたことはありませんか?身体の病気に対して専門家がいるように、心の問題に対しての専門家(カウンセラー)がいるのです。では、実際にカウンセリングってどんなことをしているのかということは想像できますか?巷では「○○カウンセリング」「△△カウンセリング」と色々なカウンセリングを聞きますが、心の問題に対してのカウンセリングとはどんなものでしょうか。本講座では、こうした心の問題を扱っているカウンセリングの世界について受講下さる皆様にご紹介し、カウンセリングの世界に触れて頂ければと思います。

講師名 八巻 秀(文学部 心理学科 教授)
開講日 平成23年2月
せたがやeカレッジ受講URL こちらから

「【かんたん解説】・・・骨粗鬆(こつそしょう)症」

ヒトの骨は年齢とともに骨量(無機質:ミネラルの量)が少なくなり、最終的には乾燥したヘチマや軽石の断面の様にスカスカになってもろくなります。骨量は骨密度ともいいますが、その少なくなる現象は単なる老化か、それとも病気かという議論がされてきましたが、最近では「骨粗鬆症は骨量が減少し、そのため骨がもろくなり骨折しやすくなった病態」と定義され、病気としてとらえられるようになりました。 私たちの骨は20代~30代にかけて最も丈夫になりますが、年齢とともに骨量は減少し80歳近くになると若い時と比べて男性で約30%、女性は約40%も骨量が少なくなるといわれてます。 今回、骨粗鬆症の原因から骨量測定の方法、予防方などについて分かりやすく、かんたんに説明いたします。

講師名 奥山 康男(医療健康科学部 教授)
開講日 平成22年5月
せたがやeカレッジ受講URL こちらから

「患者さんにわかりやすい ~「放射線科」でおこなう検査や治療のA・B・C」

病院へ診察しに行くと必ずといっていいほど「血液」や「尿」、そして「エックス線」検査を医師から指示されます。子供のころから何のためらいもなく受けてきた、あの「息を吸って~・・・止めて!」という不安と緊張の写真撮影です。現代医学では"エックス線なくして医学なし"といわれていますが専門的にいえばエックス線は「放射線」の1つであり、他の放射線も使って患者さんの診療にあたるところが放射線科なのです。では、放射線科とは、実際にどの様なことをしているのか...みなさんご存知ですか?なぜ放射線でがんを治すのか。放射線は怖くないのか。少しでも放射線医学の姿がみなさんに理解していただけることを願って分かりやすく説明致します。

講師名 奥山 康男(医療健康科学部 教授)
開講日 平成21年5月
せたがやeカレッジ受講URL こちらから

「はじめよう、ウォーキングで健康促進!!」

本講座では、健康が何かを学び、日々の運動にもっとも適しているウォーキングを取り上げ、実践に移すために必要な手法を学びます。また、ウォーキングに関連する事項として、ウォーキングに必要な姿勢や筋力トレーニング、ストレッチなどの方法についても学びます。

講師名 内山 雅博(総合教育研究部 スポーツ・健康科学部門 非常勤講師)
開講日 平成20年1月
せたがやeカレッジ受講URL こちらから