駒澤大学

  • サイト内検索
  • 寄付
  • 入学資料請求

総合教育研究部の鈴木淳平教授が世田谷区立喜多見小学校で「オリンピック・パラリンピック教育」として体育の授業を実施

Date:2019.12.16 大学の取り組み・行事
総務部 広報課

総合教育研究部スポーツ・健康科学部門の 鈴木 淳平 教授が、12月10日(火)に世田谷区立喜多見小学校が取り組む「オリンピック・パラリンピック教育」として体育の授業を行いました。また、授業には男子バレーボール部の学生も協力しました。

当日は「バレーボール」の授業を実施し、基本プレーをソフトバレーボールのゲームの中で身につけることを目標に、男子バレーボール部の学生による打球やパスの試技を手本として基本プレーを繰り返し行いました。授業を通じて仲間と協力し楽しみながら技術を修得し、授業の後は児童と学生が給食を共にし交流を深めました。

この取り組みは平成29年度から行っており、喜多見小学校と本学との地域連携事業をもとに「東京都オリンピック・パラリンピック教育」の一環として協力・実施したものです。