駒澤大学

  • サイト内検索
  • 寄付
  • 入学資料請求
留学・国際交流Studying abroad, International exchange

外国人留学生の方へ

外国人留学生試験・入学については、受験生向けのホームページ(こちら)をご覧ください。

私費留学生の皆さんへ(在留資格等申請に関するお知らせ)

 本学に在籍する私費留学生(在留資格「留学」)の方向けに、以下の項目の学内申請手続きについてご案内しております。

・在留期間更新許可申請(留学)
・資格外活動(アルバイト)許可申請
・再入国許可申請(日本から一時出国する人)

在留期間更新許可申請(留学)の更新申請と必要書類

「留学」ビザ更新手続は在留期限終了月ごとに、更新手続期間、所属機関等作成書類の引渡し日を設定しています。
私費留学生の方は、在留期限終了月を確認し、手続期間に以下の書類を持参の上、深沢キャンパスの国際センターにお越しください。

2019年度 「留学」ビザ更新手続き日程表

1.在留期間更新許可申請書 Excel  PDF ※新様式
※記入例はこちらを参照してください。
※写真(縦4cm×横3cm) 撮影後3ヶ月以内の写真を貼付。
2.パスポート
3.在留カード
4. 学生証
5.在学証明書(教務部前の自動発行機で購入してください。)
6.成績証明書(教務部前の自動発行機で購入してください。)
※最新の成績が記載されていない場合はKONECOからの印刷も用意してください。
7.学生時間割表 
※KONECOから印刷してください。 
8. 学費・経費支弁を立証する書類
①本人が経費を負担する場合
・預金残高証明書
・預金通帳(銀行名・支店名・口座名義・年月日・氏名のページ及び2年間分のコピー)
・アルバイトの給与明細(1年間分)
②奨学金支給証明書
③本人以外が経費を支弁する場合
・外国送金証明書
・外貨持込証明書
※経費支弁者が日本にいる場合は「経費支弁書」及び「経費支弁者の課税証明書等」

入国管理局へ申請書類を提出しましたら、在留カード裏の「更新中」スタンプを確認しますので、必ず国際センターに在留カードをご持参ください。さらに、手続きが完了し新しい在留カードが発行されましたら、在留カードとパスポートを国際センターまでご持参ください。

資格外活動(アルバイト)許可申請と提出書類

 私費留学生(在留資格「留学」)がアルバイトをするためには、「資格外活動許可申請」が必要です。在留資格期間更新許可申請時に同時に申請することができます。

  1. 資格外活動許可申請書(入国管理局所定用紙
  2. パスポート
  3. 在留カード
  4. 学生証

※アルバイトの活動内容・活動時間(授業期間中:28時間/週、夏休み・冬休み:8時間/日、駒澤大学では2月、3月は授業期間中と同様の28時間/週)は厳しく制限されていますので注意してください。

※休学中のアルバイトは許可されていません。

再入国許可申請(日本から一時出国する人)の申請と必要書類

日本を出国し、1年以内に再入国する場合は、「みなし再入国制度により出国」できるようになりました。
詳細は入国管理局のHPを参照してください。

※一時帰国する場合は、帰国届を国際センターまたは教務部4番窓口に提出してください。

入国管理局

最寄の入国管理局の所在地や、各種手続きに関しては入国管理局ホームページ
http://www.immi-moj.go.jp/(5ヶ国語対応)も参照してください。

【問い合わせ】
 国際センター(深沢キャンパス2F)
 Tel: 03-3702-9732
 E-mail:kokusaicenter(a)komazawa-u.ac.jp →(a)を@に変換してください。