駒澤大学

  • サイト内検索
  • 入学資料請求
研究Research

指導員からのメッセージ

入門講座・基礎講座・実務家講座の各講座をご担当いただく指導員の先生方から、メッセージをいただきました。

天野 聖悦先生

天野聖悦先生憲法入門(入門講座)・基礎憲法(基礎講座)担当
「法は、人々の間に存する不信感の産物である」と言われます。人々の間に信頼関係がなくなったために、法をもって強制せざるをえなくなったのです。
こんにち、多くの人々が高度の教育を受けるようになったにもかかわらず、信頼関係ではなく、法が勢いを増しているのは憂うべきことではないでしょうか。これから法を学ぶ皆さんには、法を用いる技術だけでなく、このような「法の入り口」の議論にも関心をもって欲しいと思います。

和知 恵一先生

和知恵一先生民法入門(入門講座)担当
皆さんは、どんな気持ちで法を学ぼうと思われたのでしょう。将来の目標実現のためでしょうか、それともただ何となくでしょうか。とにかくこの頁にたどり着いたのは、何かの縁でしょうね。ぜひ、入門講座から、学び始めてみて下さい。この民法入門の授業では、民法だけでなく、法を学ぶ意味や、社会と法のつながりなども伝えたいと思っています。私自身も、多くの先達からいろいろ教えを受け、少しずつ勉強を続けてきたことで、今があります。また「継続は力なり」といいます。初志貫徹とまでは行かなくとも、少なくとも、一年継続して学んでみて下さい。これからのあなたの人生に何がしかの力を与えてくれることを保証します。

鮎田 実先生

鮎田実先生刑法入門(入門講座)・基礎刑法(基礎講座)担当
普段のテレビや新聞などのメディアにおいて、「犯罪」を目にしない日はありません。そのようなニュースに接すると、「犯罪者にはどのような刑罰が科されるのだろう?」とか、「裁判では、どうやって犯罪を立証して有罪としているのだろう?」、はたまた、「受刑者は、刑務所でどのような生活をしているのだろう?」など、様々な疑問が湧いてくるでしょう。
こうした「犯罪」と「刑罰」に関係している法体系が、「刑事法」という分野になります。「刑事法」とは、国家の刑罰権の行使を規律する法分野であり、それは、"犯罪"とそれに対する"刑罰"を規定した実体法である「刑法」、"犯罪"を認定し"刑罰"を科するための手続を規定した手続法である「刑事訴訟法」、および、有罪に処された受刑者の取扱いを定めている「犯罪者処遇法」という分野から成り立っています。
本科目では、犯罪と刑罰に興味のある皆さんと「刑事法」の体系を学びながら、そうしたいろいろな疑問を解決していこうと思います。奮って参加して下さい。

太矢 一彦先生

基礎民法Ⅰ・Ⅱ(基礎講座)担当
民法は、わたしたちの生活に一番身近な法律です。しかし、大学生諸君にとっては、実際に「家の売買」など経験したことがなく、イメージをつかみにくいところがあり、苦手意識をもっている学生も多いと思います。課外講座は、通常の大学の講義とは異なり、人数も限られるため、受講生のペースで進めることが出来る利点があります。そのメリットをうまく活用して、少なくとも民法の苦手意識を克服し、できれば民法を得意科目にして欲しいと思っております。

中野 辰久先生

中野辰久先生公法(実務家講座)担当
公法を担当します弁護士中野辰久と申します。1990年に弁護士登録をし、主に一般民事を中心に事務所を経営しています。
私は、法はある目的を実現するための行動定型であり、日本は統一的な法秩序を形成していることから、基本的にはどの法律も共通の思考・論理に基づいて作られていると考えています。憲法がわかれば民法も刑法もわかる、そういう視点でお話ができればと思っています。どうぞよろしくお願い申し上げます。

藍澤 幸弘先生

藍澤幸弘先生刑法(実務家講座)担当
本講座では、比較的簡単な事例問題を題材として、刑法の体系に即した事案分析の方法、及び論文の書き方を学習します。
法律科目は、各法律ごとに勉強の仕方の特徴がありますが、刑法では、各論点における体系の把握や、構成要件要素の摘示とその解釈が重要となります。これらの点について、演習系のテキストを使用して実際の論文問題に即した勉強の仕方を確認していく予定です。
知識の有無にかかわらず、講義には積極的に参加してください。

上野 秀雄先生

上野秀雄先生民法Ⅰ(実務家講座)担当
準備中

麻生 光先生

民法Ⅱ(実務家講座)担当
準備中

藤野 高弘先生

藤野高弘先生商法(実務家講座)担当
商法の中心である会社法は、まさに今の経済社会、企業のニーズと密接に関連しあっている法律です。また、ファイナンス理論、組織論などの経営学、経済学、財務会計などの法律以外の分野とも関連する法律です。したがって、投資や会社経営などにも興味がある方にとっては面白いと思える法律だと思います。
会社法に苦手意識を持たれる学生の方は多いと思いますので、会社法の魅力を少しでも分かっていただければと思っております。

大塚 翔吾先生

大塚翔吾先生訴訟法(実務家講座)担当
私は、本学及び本研究所を卒業しました。この研究所で弁護士の先生方から学んだことは、司法試験のみならず、実務家となった今でも非常に役に立っております。
本講義では、前期に刑事訴訟法、後期に民事訴訟法の講義を行うことを考えております。ただ、単なる講義ではなく、事例についての簡単な議論をすることにより、法的思考力を磨いてもらおうと思っております。初学者の人もある程度勉強が進んでいる人もあまり構えず気軽に受講して下さい。講義中の議論は、初学者でも可能な議題を設ける予定です。一緒に勉強しましょう!

山田 猛司先生

山田猛司先生不動産登記法(実務家講座)担当
私の講義では不動産登記法を立体的に理解してもらえるように、民法その他の法律も織り交ぜながら多角的に不動産登記法を説明いたします。
従って予備校のように、理解を度外視して暗記一辺倒で短期間で合格を目指すというやり方はいたしません。
その逆に『理解しながら学び、培った知識を応用できるようにする』ということを目標に、実務のこぼれ話も交えながら最先端の講義をしたいと思いますので、司法書士の受験生以外でも大歓迎です。

柏戸 茂先生

商業登記法(実務家講座)担当
商業登記制度は、会社等の信用の維持を図り、その取引の安全と円滑に資するための公示制度です。そのため、公示される事項は、法的適正手続きを経た上で公示されなければなりません。本講座では、その趣旨に則り、会社法等の実体法と商業登記法等の手続法の相互理解を促しながら応用力を養い、真の実力を身に着けることを目標とします。また、実務の話も織り交ぜながら理解を深めて戴きますので、会社登記等に興味のある方は是非受講戴ければと思っています。

研究