駒澤大学

  • サイト内検索
  • 入学資料請求
大学概要About us

大学の求める教員像及び教員組織の編制方針

1.大学の求める教員像

本学の求める教員像は、本学の建学の理念を理解しその現代的展開を踏まえつつ、教員としての職務と責任を真摯に自覚し実践する教員である。具体的には、以下に掲げる項目についての能力及び資質を有すると同時に、日々これらの能力向上のための改善努力を惜しまないことが求められる。

  1. 大学及び各学部等並びに各研究科の教育の理念と3つのポリシー(ディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシー、アドミッション・ポリシー)に基づき、学生の能力向上を目的とし、学生のために真摯で慈悲に満ちた取組みを考え実践すること。
  2. 学問の自由を享受しその保持に努める研究者として、専攻ないし研究する分野における研究活動を真摯にかつ継続的に実践し、その研究成果を学界の内外に公表するにとどまらず、学生に教授しまた広く一般にも発信することによって、社会に積極的に貢献すること。
  3. 大学の構成員として、大学並びに所属組織の状況を客観的に理解し、大学並びに所属組織における自らの役割及び職務を正しく認識し、自ら率先しさらには他の教職員と協力して、本学の目的を達成するために尽力し、かつ円滑な大学運営に寄与すること。

2.教員組織の編制方針

本学の建学の理念の具現化を目指し、以下の点に留意して教員組織を編制する。

  1. 教員数
    大学設置基準・大学院設置基準・専門職大学院設置基準における必要教員数を踏まえ、各学部等及び各研究科の教育の理念を実現するために、適切な数の専任教員を配置する。
  2. 構成
    教育研究水準の維持向上及び活性化を目的に、教員組織の多様性(ダイバーシティ)と包括(インクルージョン)に留意して、国籍、性別、信条等による差別を行わない。ただし、組織としての教員構成であるために、年齢や性別に著しい偏りがないよう積極的に配慮する。
  3. 科目担当
    教育上主要と認められる科目については、専任教員が担当するよう配置する。また、大学院での科目担当については、指導教員として客観的に認定されるべき実質的な資格要件を、各研究科において厳正に審査し配置する。
  4. 人事
    法令、学内規程並びに理事会決定等の範囲内において、各学部等又は各研究科が自律的かつ公正に定める基準に則り、適切な手続きに従い透明性を担保すると同時に説明責任を果たせる適切な人事を行う。
  5. 教員の資質の向上
    各教員は、自らの教育の質の保証を行うため、PDCAサイクルに従い、自律的に授業評価及び不断の改善を行う責任を持つ。また、各学部等並びに各研究科は大学の機関としての立場から、自らの機関としての自己点検・評価並びに改善を積極的に行う。大学としては、駒澤大学FD推進委員会及び全学自己点検・評価委員会等を中心として、教員の教育能力の向上を促進し、あわせて、研究者及び組織人としての資質向上のため、必要不可欠な取組みを行う。

大学概要