駒澤大学

  • サイト内検索
  • 寄付
  • 入学資料請求
同窓会Alumni Association

派遣講師紹介

本部事務局では、全国で開催される支部総会で、講演やショーなどをしてくださる方々の紹介・派遣をしております。いろいろなジャンルの専門家です。いっそう華やかで思い出深い時間を演出していただけると、ご好評をいただいております。申し込みは本部事務局までお願いします。

駒澤大学同窓会派遣講師(あいうえお順)

青空 うれし URESHI AOZORA
【タレント】

駒大入学と同時に学生漫才として芸能界入り。ラジオ・テレビのレギュラーを多くもち、海外公演も多数務めた。

石毛 宏典 HIROMICHI ISHIGE
【野球解説者】

昭和54年本学経営学部卒業。新人王、MVP獲得。
現役引退後はダイエーホークス・オリックスブルーウェーブで監督を務める。2004年四国アイランドリーグ設立。

上野 泰夫 YASUO UENO
【フリーアナウンサー】

昭和46年本学社会学科卒業。元秋田ABSアナウンサー。「ズームイン朝」を初め、数々のラジオ・テレビ番組を担当、「日本テレビ系列アナウンス賞」受賞。
現在は研修会講師、披露宴・祝賀会・舞台等の司会で活躍中。日本笑い学会「笑学校」の講師として「笑いと健康」をテーマに講演活動中。秋田書道連盟常任理事。

太田 誠 MAKOTO OHTA
【駒澤大学野球部前監督】

昭和34年本学文学部卒業、静岡県浜松市出身。在学中は東都大学リーグで2度の首位打者、卒業後は電電東京(現NTT東日本)でプレーし、本学では35年間に亘り監督として、プロ・アマ球界に多くの人材を送り出した。東都大学一部リーグでは前人未到の501勝。本学同窓会発足に際し、大きなご支援をいただいた。

大藏 教義 NORIYOSHI OOKURA
【能楽師】

平成16年文学部歴史学科卒業。能楽師狂言方大蔵流。祖父の大蔵流第24世宗家及び父に師事。舞台活動のほか二松学舎大学の講義では父の助手も勤め、平成21年NHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」で初のドラマデビュー。若者にも分かりやすい楽しい狂言の普及を目指す。在学中には駒澤大学狂言研究会を立ち上げ、現在も師範として活躍中。

大矢 明彦 AKIHIKO OYA
【野球解説者】

昭和45年経済学部商学科卒業。1969年ドラフト7位でヤクルトアトムズ(現ヤクルトスワローズ)に入団。「鉄砲肩の殺し屋」と称され球界一と言われた強肩。1978年ヤクルト球団初のリーグ優勝・日本一に貢献するなど永らく正捕手として活躍。1993年から1995年まで横浜ベイスターズのバッテリーコーチを務め、1996年から1997年まで横浜ベースターズの監督を務める。2007年に再び横浜ベイスターズの監督に就任し、2009年にシーズンの終了を待って退団。

kasen

花 仙 KASEN
【江戸太神楽】

平成12年本学短期大学国文科卒業。本名:神谷順子。墨田区出身。
平成14年から目黒学園カルチャースクールで太神楽を学ぶ。平成16年江戸太神楽13代目家元鏡味小仙(H17.6丸一仙翁に改名)に師事。海外公演・イベント・TV・パーティー他出演中。

桂 文雀 BUNJYAKU KATSURA
【落語家】

平成8年本学法学部卒業。落語は明るい芸風に定評がある。陽気な芸風だけでなく、古典落語の基本を守っての落語は将来を期待させる。また、「南京玉すだれ」を講じられることから宴会の余興などにも定評がある。都内の寄席や各地域の寄席を積極的に回っている。真打に昇進し、笑生(しょうしょう)から、文雀(ぶんじゃく)になりました。
平成27年度(第70回)文化庁芸術祭 大衆芸能部門新人賞受賞
(カテゴリ 活躍する同窓生をご覧ください)

桂 竹丸 TAKEMARU KATSURA
【落語家】

昭和55年本学経済学部卒業。昭和56年日テレ「お笑いスター誕生」銀賞獲得、当時審査委員長の桂米丸に入門。平成5年真打昇進。平成11年MBCラジオ「日曜ワイド竹丸・とも子のみなみなサンデー」平成11年の民間放送連盟賞ラジオ放送番組部門 九州沖縄地区審査会生ワイド部門 優秀賞受賞。

神田 愛山 AIZAN KANDA
【講談師】

昭和49年、2代目神田山陽に入門。昭和62年2代目神田愛山襲名。日本講談協会常任理事。小説家としても活躍している。

輝&輝 KIKI
【津軽三味線奏者】

白藤ひかり(H24本学文学部国文学科卒業)と武田佳泉(たけだかなみ:国立音大卒)による本格派津軽三味線デュオ。互いの個性を生かした演奏を目指して海外にも遠征し活躍している。演奏のほかに、民謡などの歌も披露。

黒木 悦子 ETSUKO KUROKI
【歌手】

本学文学部卒業。シャンソンを堀内環氏に師事。コミカルな持ち味と豊かな情感を活かし、ライブやディナーショーを中心に活躍中。

河野 博文 HIROFUMI KOUNO
【元プロ野球選手】

最優秀防御率を獲得するなど、日本ハム、巨人先発ローテーションの一角としてチームを支えた。

香田 誉士史 YOSHIFUMI KOUDA
【西部ガス硬式野球部コーチ】

平成6年本学社会学科卒業。西部ガス硬式野球部コーチ。佐賀商業高校の中堅手として甲子園に3回出場。駒澤大学附属苫小牧高校野球部監督就任、平成13年夏の大会で32年ぶりの甲子園出場を果たす。平成16年夏86回大会制覇、北海道に初の優勝旗をもたらした。平成17年夏、史上6度目の夏連覇を達成。

佐々木 宏幹 KOUKAN SASAKI
【文学博士】

昭和30年本学文学部英米文学科卒業。文学博士。駒澤大学名誉教授。国際仏教學大学院大学講師。わが国を代表する宗教人類学者。長年、日本を含むアジアの民俗学宗教を調査研究し、その豊かな知識は講義・講演に生かされて大変面白く、聴衆を引きつけて知的な刺激を与えてくれると定評がある。著書に『シャーマニズムの人類学』(弘文堂)、『聖と呪力の人類学』(講談社学術文庫)、『仏力』(春秋社)ほか多数。

三遊亭 王楽 ORAKU SANYUTEI
【落語家】

平成12年本学文学部卒業。平成13年三遊亭円楽に入門27番目の弟子となる。平成16年5月二つ目昇進。平成20年NHK新人演芸コンクール落語部門大賞受賞。伸びやかな感性と現代性が特徴。もちネタは現在200に迫る。平成21年秋真打昇進決定。父は三遊亭好楽。

三遊亭 貴楽 KIRAKU SANYUTEI
【落語家】

古典落語はもちろんのこと、各種イベントやパーティーなど司会進行にも定評がある。

三遊亭 遊馬 YUBA SANYUTEI
【落語家】

平成6年本学仏教学部卒業。平成6年9月三遊亭小遊三に入門、前座名「遊だち」。平成10年「遊馬」で二つ目昇進。平成20年4月真打昇進。大きな声が自慢、得意ネタは「佐野山」・「蛙茶番」。

平成26年度(第69回)文化庁芸術祭賞 大衆芸能部門でみごとに大賞受賞!

受賞対象:芸暦20周年特別記念☆三遊亭遊馬独演会の成果
平成26年10月2日(木)~11月10日(月)に、関東・関西で行われた演劇54件、音楽35件、舞踊31件、大衆芸能45件の参加公演及び10月1日(水)~11月30日(日)の期間に放送されたテレビ・ドラマ24作品、テレビ・ドキュメンタリー44作品、ラジオ23作品ならびにレコード35作品の参加があり、高い独創性や企画性などを基準として、部門ごとに審査が行われました。

白井 一幸 KAZUYUKI SHIRAI
【野球評論家】

昭和59年本学法学部法律学科卒業。香川県さぬき市生まれ。1983年ドラフト1位で日本ハムF's入団、1997年から球団職員となりニューヨークヤンキースへコーチ留学。2000年2軍コーチ、2001年2軍監督、2003年からヘッドコーチ。2011年横浜ベイスターズ2軍監督、2012年1軍内野守備走塁コーチ、2014年~北海道日本ハムファイターズ内野守備走塁コーチ兼作戦担当。メンタル・コーチングに関する著書多数。

善竹 大二郎 DAIJIROU ZENTIKU
【狂言師】

平成16年文学部国文学科卒業。能楽師大蔵流狂言方。(社)能楽協会会員。故祖父善竹圭五郎及び、父善竹十郎に師事。五才「靱猿」の小猿役で初舞台。「末広がり」「那須語」「千歳」「三番三」を披く。ブラジル、ウルグアイ、ベネズエラ等、海外公演も多数。くらしき作陽大学音楽学科日本伝統芸能専修非常勤講師。

2017年京都講演

末永 和子 KAZUKO SUENAGA
【エッセイスト】

本学文学部卒業。カナダの文化や歴史を調査し、執筆・講演活動中。
カナダは世界第2位の面積と豊かな資源を誇る移民の国。現在も続いている足かけ25年に及ぶ居住・滞在を通して見た、カナダの自然の美しさ、移民の国だからこその面白い生活、女性の社会参加、女性会活動などを、映像と共に紹介。
主な著書:『扉をあけると-カナダロングステイ850日』(叢文社)
『カナダを耕した家族の物語』(叢文社)日本図書館協会選定図書

高橋 文二 BUNJI TAKAHASHI
【本学名誉教授】

昭和37年本学文学部国文学科卒業、京都大学大学院修了。専門は中古文学。特に「源氏物語」「女流日記」など。本学国文学科で教鞭をとり、多くの研究者を育てた。NHK文化センター青山教室でも講師として活躍。やさしい語り口と当時の人々の季節や言葉に対する感覚や思いを解いた講演は女性にも大人気であった。著書には、『風景と共感覚』(おうふう)、『三島由紀夫の世界』(新典社)、『王朝まどろみ論』(笠間書院)、『NHKカルチャーアワーズ文学の世界 紫式部のみた京都』(NHK出版)など多数。

田中 千秋 CHIAKI TANAKA
【天体写真家】

昭和52年本学法学部卒業。天体写真撮影を継続するかたわら、各地で天文講演、写真コンテスト審査員などを務める。

なか。たつや TATSUYA NAKA
【マジシャン】

平成11年本学政治学科卒業。京都府出身。高校時代ボクシングでインターハイ出場。テンヨーから「社長賞」受賞。つんく♂のものまねをしながらマジックを披露、付き人も経験。一期一会プロモーション設立。マジシャン・イベント企画、コミュニケーションコンサルティングを手掛け、心のマジシャン「なか。たつや」として活動中。

ninomiya itaru

二宮 至 ITARU NINOMIYA
【現 星槎道都大学野球部監督】

昭和51経済学部卒業。旭川市役所教育委員会~中日ドラゴンズ外野守備走塁コーチ~松本大学野球部監督~横浜DeNAベイスターズ2軍監督(H29.12退団)。東都大学リーグでは5度優勝、リーグ通算86試合出場、ベストナイン5度受賞、3・4年次に日米大学野球選手権大会日本代表。

fhjii

藤井 暁 GYOU FUJII
【アナウンサー】

昭和59年本学経営学部を卒業し、テレビ朝日にアナウンサーとして入社。
「欽ちゃんのどこまでやるの!」「大相撲ダイジェスト」「ワイドスクランブル」などさまざまなジャンルの番組を担当、27年間アナウンサーを務める。
平成23年広報局に異動。アナウンサー経験を活かし「出前授業」や広報活動などで、日夜飛び回っている。

広瀬 哲朗 TETSURO HIROSE
【野球解説者】

現役引退後、野球解説者、野球評論家として活躍。

三井 三太郎 SANTARO MITSUI
【アナウンサー・TVレポーター】

昭和47年法学部卒業。クレージーキャッツ谷啓氏に弟子入り。お笑いコンビ「コントブルドッグ」結成、リーダー。TV朝日「ワイド!スクランブル」で企画モノ体当たりリポーターとして活躍中。

yamazaki

山崎 まゆみ MAYUMI YAMAZAKI
【温泉エッセイスト・ノンフィクションライター】

平成6年文学部卒業。日本だけでなく、世界中の温泉を巡り、現在31か国の温泉を訪問。「温泉での幸せな一期一会」をテーマにテレビヤラジオ、雑誌、新聞などでレポートしている。第二次大戦中の体験を聞き書きした書籍もあり。また、「超高齢化社会に向けて身体の不自由な人にこそ温泉」を提唱し、バリアフリー温泉を積極的に取材・紹介。インバウンドやユニバーサルツーリズムに関する国の会議にも多数参画。

若田部 健一 KENICHI WAKATABE
【野球解説者】

平成4年年本学経済学部卒業。神奈川県鎌倉市出身。野球解説者・コメンテーターとして活躍中。1991年秋季東都リーグ戦で最高殊勲選手、ベストナイン(投手)を獲得。バルセロナオリンピック予選・IBAFインターコンチネンタルカップの日本代表。ドラフト1位指名で福岡ダイエーホークスに入団、2005年引退。

和田 奈月 NATSUKI WADA
【マジシャン】

数少ない古典奇術の舞台を演じるマジシャン。国内外の公演等多数出演。