駒澤大学

  • サイト内検索
  • 入学資料請求
学生生活・就職Campus life

定期試験、追試験、授業内試験

受付:教務部7~10番窓口(教務1係)

試験

受講する科目の多くは、授業に出席し、試験を受けることで評価されます。
試験はいくつかの種類がありますので自分の受講している授業がどの試験を行うのかをKONECO掲示等で必ず確認してください。

筆記試験

前期科目定期試験期間、後期・通年科目定期試験期間に行われる筆記試験。試験会 場で60分間で行われる。

レポート試験

前期科目定期試験期間、後期・通年科目定期試験期間に行われるレポート試験。 レポートを試験開始時間から30分以内に試験会場へ提出にくる。

教務部で作成したレポート試験用表紙がありますのでご利用ください。

レポート試験用 表紙.docx

授業内試験

授業期間中に担当教員が任意で行う試験。筆記試験あるいはレポート試験等で行わ れる。定期試験や追試験と異なり、試験実施の告知は授業内だけで行われ、掲示が されない場合もあるので注意が必要。

定期試験

定期試験は定期試験期間内に試験実施規程に基づいて行われる試験です。
本年度履修した科目について、前期科目は7月中旬から、後期科目・通年科目は1月中旬から1月下旬に行われます。
試験は原則として平常授業の曜日・時限で実施しますが、試験時間及び試験場は平常授業と異なりますので、掲示やKONECOに十分注意してください。

試験時間割

  • 平常授業の曜日・時限(※専門教育科目集中試験は除く)とし、教場等についてはKONECO掲示で発表します。
  • 試験時間や試験教場は平常授業とは異なります。KONECO掲示を参照ください。

試験時間についてはこちら

専門教育科目集中試験について

専門教育科目集中試験とは、専門教育科目のうち、以下の条件のいずれかに該当する科目の試験を特別な日程で実施するものです。

  • 同一教員が同一科目の授業を複数担当している科目
  • 履修人数が大人数である科目

日程および、受講している科目が該当しているかどうかは各自、掲示で確認してください。

定期試験情報掲示スケジュール

前期定期試験 7月上旬頃~
後期・通年定期試験 12月中旬頃~

「KONECO」にて試験情報を配信いたします。

KONECO

掲示板案内はこちら

定期試験日程

試験日程
前期定期試験 7/25(火)~29日(土)・31日(月)
後期・通年定期試験
※専門教育科目集中試験
1/15(月)~18(木)・22(月)~26(金)
※1/15(月)~17(水)
【1/18(木)は土曜日授業の試験日】

専門教育科目集中試験について

専門教育科目集中試験とは、専門教育科目のうち、以下の条件のいずれかに該当する科目の試験を特別な日程で実施するものです。

  • 同一教員が同一科目の授業を複数担当している科目
  • 履修人数が大人数である科目

日程および、受講している科目が該当しているかどうかは各自、掲示で確認してください。

授業内試験

授業科目担当教員が任意で平常授業時間内に行う試験(レポート提出を含む)です。
主に、前期科目が終了する7月頃、または後期・通年科目が終了する12月頃から1月頃に行われることが多いです。
時間及び教場等については担当教員の告知・掲示で発表します。KONECOのカレンダー表示で確認してください。
※担当教員によっては掲示での告知をしない場合があります。
掲示がある場合、教務部第四掲示板に掲示されます。また、同時に「KONECO」にも情報配信します。

KONECO

掲示板案内はこちら

追加試験(以下追試験)

追試験は、「大学が認めるやむを得ない理由」で定期試験(リポート提出を含む)を受けられなかった場合、所定の手続きを取り、受験許可を与えられた学生が受験することができます。
所定の「追加試験受験願」を記入の上、証明書を添付して教務部に提出してください。
受験許可理由については『履修要項』の「追試験受験対象となる欠席理由」の項目をご参照ください。

追試験の情報はKONECOにて配信いたします。

受験資格と受験心得

  1. 当該科目を履修登録していなければなりません。
  2. 指定された日時・試験場で受験しなければなりません。
  3. 試験中、学生証を机上に提示しなければなりません。ただし、仮受験票を以って学生証に代えることができます。
  4. 試験開始後30分以内に当該試験場に入室しなかった者は、受験できません。
  5. 試験終了までは試験場を退場できません。
  6. 学部・学科・年次・学生番号・氏名の記入はペンまたはボールペン書きとします。
  7. 答案または受験者名簿に記名の無い者の受験は無効と扱われます。
  8. 試験場において、受験者は試験監督員の指示に従わなければなりません。
  9. 試験場の秩序を乱した者、または試験実施の妨げになる行為をした者は、主任監督の判断により退場を命じられ、学則に基づき処分されます。
  10. 試験において下記のような不正受験行為が行われた場合は、「不正受験行為者処分規定」により処分されます。
    • 代人受験
    • 答案の交換
    • カンニングペーパー等の使用
    • 机、辞書、身体等への書き込み
    • 他人の答案の転写
    • 言動または携帯電話等による連絡
    • 許可の無い教科書、ノート、参考書等の参照
    • 参照が許可された教科書、ノート、参考書等の貸し借り
    • 答案の持ち出し
    • その他、上記行為に準ずる行為
  11. 追加試験受験者は、受験許可書を持参しなければなりません。

お問い合わせ

教務部7~10番窓口(教務1係)
03-3418-9118
03-3418-9119

学生生活・就職